秋保二口活動報告

---------------------------
報告日:平成20年9 月 16日(火)
報告リーダー名:伊藤雅宣

場所:太白区秋保二口 
宿泊:秋保二口キャンプ場 
対象:小学1年生~小学6年生 参加者:24名
日程:8月22日(金)~8月23日(土)

1日目 8月22日(金)

 

今日は秋保二口キャンプの出発日です。24人のおともだちが集まってくれました!ちょっぴりのドキドキと、たっぷりのワクワクをバスに乗せていざ秋保二口へ!楽しく、安全な1泊2日にしてきます。

  キャンプ場に着くと、みんなで野外炊飯や宿泊するための荷物を備品の入っている車から、バンガローへと運びます。「これは、炊事場に。」、「これは、バン ガローにお願いね。」、「みゆきリーダー、僕もっと持てるよ!」・・・みんな一生懸命お手伝いしてくれましたね、ありがとう!

 小雨がぱらついていたため、1日目の昼食はバンガローで食べました。お家の人が準備してくれたお弁当、本当においしそうに頬張っていましたね。

 「リーダー、今日は川遊びできる?」みんな、川遊びが待ち遠しい様子でしたが・・・。

 残念ながら雨はやみませんでした。しかし、YMCAのキャンプは「じゃあ、バンガローで静かに過ごそうね・・・」なんていうことはありません。雨を楽しむのもキャンプ。雨は自然の賜物、その音に耳をすましてみたり、雲の流れを知ったり、生きていく上で必要なことです。

 川 遊びを変更して、まずは「ネイチャーゲーム」というプログラムを行ないました。森の中の自然界に、不自然なもの(はさみ、トイレットペーパー、タコ糸、ア ルミホイル、マジック、ごま油!?・・・など)が隠されています。グループで森の中の不自然なものを他のグループに悟られないように探すのです。「あ、 あった!・・・」、「ねえ、あんまり大きな声で言わないほうがいいよ・・・」、ゲームが始まると、皆真剣です。不自然なものは、木の枝に引っかかっていた り、地面に刺してあったり、切り株の陰に隠してあったりと、場所は様々です。このゲームの意図は人間の大人の目線、子どもの目線、動物の目線、昆虫の目 線・・・と生き物の視界の違いを知ることなのです。上を見上げたり、しゃがんで覗いて見たりと、子どもたちは創意工夫を凝らして探していましたよ。おまけ で「このにおいの植物を持ってきて・・・」というゲームをしました。正解を持ってくる子はいれど、なんの植物かは・・・?

 正解は、「すじーのとーおったふーーきっ」フキの葉でした。食べたことないかな?

 ネ イチャーゲームが終わると、冷えた体を「ドラム缶風呂」で温めました。ほとんどの子が初めてで、その新鮮さ、もの珍しさに興味津々。はじめは、「入りたく ない!」と言っていた子も、「あ、あっつくない!」、「あ~気持ちいい!」、「出たくないなあ・・・」と入る子入る子が好感触の感想をもらすため、「やっ ぱり入ろうかな・・・」と心が動くほど。あんなに渋っていたのに、入れば「あぁ~」の表情。貴重な経験になったかな?

 夕 食は、みんなで焚き火の火を起こし、カレーライス、豚串、フランクフルトを作ります。火を起こす係、野菜を切る係など、役割分担をグループで話し合って決 めていましたね。「猫の手にして切るんだよ・・・」、「だんだん薪の大きさを変えていくんだよ・・・」ゆうこリーダーたちから丁寧に教えてもらいながら、 カレーが完成しました!!気になるお味は・・・?水を入れすぎたり、にんじんが固かったり・・・なんてカレーがよくキャンプで口にするものですが、二口 キャンプのみんなは優秀!どのグループのカレーも本当においしかったですよ!!

1日 目夜のプログラムは、「キャンプファイヤー」でしたが、またしても雨・・・。しげるリーダーから、「今日はキャンプファイヤーはできないので、ゲーム大会 です!」ゲームは楽しいんだけど、やっぱり見たかったよね・・・。すると、ゲーム中に部屋が真っ暗に!「なんだ?」、「どうしたの?」、外には、妖精ニロ (『にろ』と読みます。)」の姿が!!「ニロの魔法でキャンプファイヤーに火をつけちゃうよ!せーの!キラキラファイヤー!・・・・・・・」火はつきませ ん。「気を取り直して、みんなで、せーの!キラキラファイヤー!!」その時、二口キャンプ場の空に火の玉が!!火の玉が飛んでいった方向には、ファイヤー の薪が組まれていて・・・雨が振りしきる中、大きな大きなファイヤーが燃え上がりました。

みんなでカッパを着て、ファイヤーを囲んでキャンプの歌を歌いました。雨でも、楽しむ。ファイヤーの火は、今も子どもたちの目に焼きついているのではないでしょうか。そしてニロの姿も・・・。

1日目が無事終了しました。おやすみなさい。明日は晴れるといいな・・・。

 

2日目 8月23日(土)

 

 2日目、雨はやみませんでした。朝食を大きなバンガローで済ますと、荷物移動の時間です。寝る時に使ったシュラフをたたんだり、ランタン、蚊取り線香の缶などを片付けます。自分の使ったものは自分で。キャンプの中で子どもたちは自立心、責任感が芽生えます。

 午前中は、カッパ姿で虫取りや、だるまさんが転んだ・・・など、グループの垣根を越えてみんな仲良しになっていましたね。  

ひろみ、ふみとリーダーたちが考えた体を動かすゲームも楽しかったね。雨を忘れるほど、外で目一杯遊びました。

 昼食後は、ジェスチャー大会で盛り上がると、ゆうき、さおりリーダーから、「思い出作り」の提案が。

ダンボールに好きな絵を描いたり、おともだちの名前を書いたり。キャンプ中にとった写真が渡され、世界に一つだけのアルバムの完成です。大切にとっておいてほしいなあ。

 いよいよ、二口にさようならです。このメンバー、リーダーでもう一度、キャンプに行きたいですね。今度こそは晴天で!またYMCAで会いましょう!!

思い出写真集

思い出写真1思い出写真2思い出写真3思い出写真4

参加者コメント

9月12日(金) 報告者 5年生 H,S君

雨が降ってしまったけど、みんなで歌を歌ったり、合羽を着てキャンプファイヤーをしたり、楽しいことがいっぱいでした。カレー作りでの野菜切りなど、自分たちで作ることができたことが思い出になりました。

ドラム缶風呂はとても気持ちよかった。ふみとリーダーとのダルマさんが転んだも忘れません。また行けたらキャンプに行きたいです。

プログラム詳細はこちら

-------
●●●その他08サマーキャンプの活動報告●●●
【海キャンプ】島の冒険海の子サマーフレンドチャレンジ島の冒険
【山キャンプ】自然体感 安比ネイチャリングアドベンチャー
秋保二口それゆけ地球探険隊川のぼりに挑戦!
【サッカーキャンプ】 サッカーキッズ