会津自然体感活動報告

---------------------------
報告日:2008年 9月 12日(金)
報告リーダー名:増山和憲

場所:福島県 会津 
宿泊:会津自然の家 
対象:小学1年生~小学6年生 参加者:43名
日程:7月28日(月)~7月30日(水)

1日目7月28日(月)

例年の花山から会津へと舞台は移り・・・今年の自然体感キャンプが始まりました。メンバー43名、リーダー10名は重い荷物を抱え、大型バスに乗り込みます。「53名全員無事に帰ってきますように・・・いってきまーす!」

 磐 梯山でのトイレ休憩を済ますと、駐車場で子どもたちが謎の手紙を発見!!手紙には会津の文字が・・・「ぽっぽ ぽぽぽぽ ぽっぽー・・・自然体感キャンプ のみなさんこんにちは、会津親子でーす!!・・・」また今年も自然体感に特別ゲストが!?誰だ!?会津親子って・・・そんなことをしているうちに、会津に 到着しましたよ。

1日 目の昼食はお家の人が準備してくれたお弁当。バスの長旅を終え子どもたちはおなかペコペコ、あっという間に平らげていましたね!「お母さんが、おともだち にあげなさい・・・って」おにぎりをたくさん持ってきてくれた子もいましたね。おいしかったですよ、ごちそうさまでした!!

午後 は、「虫取り探検」を実施しました。ショウリョウバッタにコガネムシ、かえるや大きなカミキリムシ、コクワガタにオニヤンマ・・・子どもたちの目が輝きま す。男の子だけかと思いきや、平然と虫かごに虫たちを入れていくのは女の子!?たくましかったですよ。けんごリーダーグループのおともだちはなんとカニを 捕獲!!「みんな、ほら!見てごらん!!」かずリーダーがカブトムシを捕まえました、「見せて、見せて!」興味深々の子どもたち、いつの時代もカブトムシ はやはり人気!リーダーたちもワクワクします。寝る前の街灯の下や、早朝のロッジの壁に・・・キャンプ中たくさんのカブトムシと出会うことができました。 最終日、自然の家の敷地に虫たちを放してあげている子どもたちもいました。命の大切さを知ることができた彼らは本当に素晴らしいなと思いました。

虫取 りの後はアスレチックを行なう予定でしたが朝に雨が降り、アスレチックが利用できなかったため「思い出クラフトづくり」を行ないました。木の板を紙やすり で削り、自然の中で見つけてきた松ぼっくりや草花をホットボンドで接着、グループのおともだちやリーダーの名前を書き、オリジナルの写真が飾れる看板を作 りました。3日目にキャンプ中の写真を現像し、解散式で渡しましたよ。大切にとっておいてくださいね。

 1 日目夜はプレーホール(体育館)で、さやまリーダーによるゲーム大会を行ないました。個人戦のゼッケン鬼、グループ対抗のボールリレーでは広い体育館をた くさん走り回りました。長縄チャレンジでは、「じゃあいくよ、せーの!」、「前の人の頭見て飛ぶんだよー!」一回でも多く飛ぼうとみんな一生懸命でした ね。楽しく体を動かしましたよ。

 

2日目7月29日(火)

2日 目午前は「森のウォークラリー」を行ないました。かすみリーダーとかずリーダーが森の中にいろいろな自然に関する言葉を隠しているのです。「あっ たー!」、「そんなに大きな声でいったら他のグループに気づかれちゃうよ!」グループで協力したり、楽しくお喋りをしながら、ゴール目指してがんばってい ましたね。たくさんの木々の緑に囲まれて、マイナスイオンを感じました!

午後 は川遊び。前日朝に降った雨の影響で弱冠水量が多かったため、川の端っこで遊びました。それでも、暑い会津の気候の中で子どもたちは水を求めていたようで す。水掛祭りが始まりました!!「みかリーダーにかけろー!!」水を掛けるだけでこんなに楽しめるのか?というくらい子どもも大人も楽しみました。チュー ブを使って流れる遊びに夢中になる子もいましたね。クロールで思いっきり泳ぐ強者もいましたね。

川か ら上がると、すいか割りならぬ「すいかたたきリレー」を行ないました。3チームにわかれ、それぞれがバット、木の杖?、しゃもじ!?を持ち目隠しをして挑 戦!!「こっちこっち!」「右に二歩だよ!!」仲間やリーダーに教えられながら、すいかを目指します。杖チームは途中杖が折れてしまい、二刀流 に・・・!?夢中になってたたいたスイカは甘くておいしかったね!

夜は お待ちかねのキャンプファイヤーです。今年はファイヤーの薪に火をつける前にみんなに話し合いをしてもらいました。「自然体感キャンプにきて、よかったな あと思うことは何ですか?グループで一つ決めて発表してほしい」とまっさんからテーマが与えられました。ランタンの灯りひとつの中で話し合いをしました。 みんなの思いがそれぞれぶつかり苦戦するグループ、全員一致で即決するグループと様々でしたが、最後の夜を後悔しないよう子どもたちもリーダーも真剣その もの。決まったグループからランタンの灯りを消していきます。最後のグループの話し合いに答えが出て、営火場は真っ暗に。「では、グループの中から一人ず つ、まっさんリーダーの所に集まって。」2つのグループで一つのトーチ棒、全部で4本。まっさんリーダーのトーチから火をもらいます。「キャンプにきてよ かったことは、はじめは仲良くできなかったのに、なかよしになったことです」、「ブラックホール(がけ登りのコース)で仲間と助け合ったことです。」、 「みんなで川遊びをしたことです」、「みんなで協力して仲良くできたこと」・・・8人のおともだちにグループの思いを発表してもらい、ファイヤーの薪の4 箇所に火をつけてもらいました。

「そ れぞれのグループの思いがこの火に詰まっているんだよ。みんなの思いがひとつになって大きな火になるからね。」少しづつ大きくなっていく火は、このキャン プがドキドキの緊張から始まり、仲間と一緒にご飯を食べたり、一緒に寝たり、一緒に自然に触れていく中でグループの輪が出来上がっていくことを表している ようでした。燃え上がる火を見つめる子どもたち。キャンプのまとまりを一番に感じる瞬間です。

大き な火を囲んで、楽しい猛獣狩りの踊りが始まりました。子どもたちの掛け声は元気いっぱい!最後の夜を楽しみます!そこへ、会津親子が暗闇から・・・「ぽっ ぽ ぽぽぽぽ ぽーっ ぽーっ・・・」文章では表せないくらい、本当に最高の夜でした。続きは参加した子どもたちに是非お聞きください。来年は誰が来るの かなあ!?

思い出写真集

思い出写真1思い出写真2思い出写真3

参加者コメント

キャンプに参加するのは初めてじゃないけど、前のキャンプとは違うみんなが来るからドキドキしました。だけど、友だちが出来てとてもうれしかった。キャンプは楽しい事がいっぱいで、2日目の午前に生まれて初めてカブトムシのオスを捕まえる事が出来ました。キャンプが始まる時にドキドキしていた気持ちもキャンプファイヤーの時にはすっかり無くなって、また来年も参加したいと思いました。

参加者 T ・ K くん

プログラム詳細はこちら

-------
●●●その他08サマーキャンプの活動報告●●●
【海キャンプ】島の冒険海の子サマーフレンドチャレンジ島の冒険
【山キャンプ】自然体感 安比ネイチャリングアドベンチャー
秋保二口それゆけ地球探険隊川のぼりに挑戦!
【サッカーキャンプ】 サッカーキッズ