スノーパラダイス活動報告

---------------------------
報告日:平成21年2月14日(土)
報告リーダー名:佐藤理英

場所:岩手県 安比高原スキー場 
宿泊:安比グランドヴィラ2 
対象:小学1年生~中学生 参加者:28名
日程:平成21年1月5日~平成21年1月7日

1日目 平成21年1月5日 

元気いっぱい、笑顔いっぱいの子どもたち28人と優しく楽しいリーダー6人がYMCAの園庭に集まりました。楽しいキャンプの始まりです!バスの中では歌 やまっさんクイズ!そして・・・ふみリーダーのドラえもんのものまねや、やんべリーダーのものまね「銭形警部」が大人気!子どもたちは大盛り上がりでし た。スキーレッスンに子どもたちは大興奮!「早く行こうよー!」「ドキドキする…」「久しぶりのスキーだぁ!」などと思いは様々ですが、一足ゲレンデに出 ると絶好の天気に子どもたちは満面の笑顔でスキーをしていました。そして楽しみの1つでもある夕食です。エビフライ、ハンバーグ、かにクリームコロッケ、 から揚げ…などなど子どもたちの大好きなメニューがお皿に並びました。(誕生日とクリスマスとお正月が一気にきた感じですね。みかリーダー!)おなかがす いていた子どもたちはあっという間に食べ終わりました。まだまだ1日目は終わりません。ナイタースキーに出かけました。貸切状態のゲレンデに子どもたちの 目も輝きます。最高の夜を過ごしました。明日も晴れますよ~に!そう願って眠りについた子どもたちでした。

2日目 平成21年1月6日

朝から元気いっぱいの子どもたち。それもそのはず。朝食ではたくさんのおかずが並びます。栄養バランスが偏りがちですがリーダーたちからアドバイスを受 け、上手に選び食べていましたね。2日目のスキーレッスンに出かける時の子どもたちは…自分でできることが増え、準備が早くなっていました。素晴らしい! ゲレンデでは「いいよー!!」「うまい!うまい!!」「そうやって滑るんだよー!!」とリーダーたちの 励まし・認め・褒める大きな声が響きます。子ども たちはそんなリーダーたちの声でどんどん自信をつけ滑っていました。2日目から、グループ対抗「安比合戦2009~昨日の敵は今日の友~」が開催されまし た。グループで考えたゲームで対決し、得点をきそいます。スキーレッスンの合間に「たのも~!」と試合に臨む子どもたち。たくさんのお友だちと仲良くなり ました。そしてなんと言っても、夕食の中華です。大きな回るテーブルにたくさんの食事が並びます。「あんかけ焼きそば」「エビマヨチリ」「コーンスープ」 「から揚げ」「杏仁豆腐」…書ききれないほどのメニューが子どもたちの目の前に!おなかがはちきれるくらい食べました。最後の夜は大広間でのゲーム大会。 最後の夜、たくさんの笑い声が大広間に響きました。温泉に入り、ゆっくりと疲れた体を温め、最後の日を迎えました。

3日目 平成21年1月7日

3日目は朝からまっさんリーダーの部屋で大笑いする声が…?「ものぼけ大会」の開催です。「はいはい!」「OK!認めます!」レッスンの前にも拘らず、白 熱(?)した戦いを繰り広げました。そして最終日といえばワッペンテストです。子どもたちだけではなくリーダーたちも一緒にドキドキ。リーダーに励まさ れ、自信をつけた子どもたちは堂々とした滑りを見せてくれました。(レッスン中、たけとリーダーは転んだとか!?)このキャンプでスキーが楽しい!もっと 滑りたい!上手になりたい!という子どもたちの気持ちがとても嬉しく思いました。安比最後の昼食はみんな大好き!「スパゲッティ」でした。おかわり続出で したね。3日間は、あっという間に過ぎまだ帰りたくない気持ちで安比とお別れです。うっち-リーダーがバスを見送ってくれました。帰りのバスでは「ロック マイソウル」「仮面ライダーの夜回りVSやんべリーダーの夜回り」などなど、最後の最後まで大盛り上がり。さすが疲れ知らずのスノパラっ子でした。最後は みんなにキャンプの感想を言ってもらいました。「楽しかった!」「また、来年も来たい!」など、嬉しい言葉をたくさん言ってくれました。リーダーたちから も一言づつもらいましたね。リーダーたちの想いがつたわったのではないでしょうか?とっても楽しい、充実したスノーパラダイスキャンプでした。また春にみ んなの笑顔に会えることを楽しみにしています!!

 

 

思い出写真集

思い出写真1思い出写真2思い出写真3思い出写真4思い出写真5思い出写真6

参加者コメント

YMCAのスキーキャンプは楽しいことがいっぱいありました。
スキーをしたり、色んなレクリエーションをしたり、バイキングをしたり、ワッペンがあがったり!
とにかく楽しかったです。
また、YMCAのスキーキャンプに行きたいです!!!
スノーパラダイスキャンプ参加してくれた 小菅啓太君より

プログラム詳細はこちら

-------